ゆるっとワーホリ

新卒で就職した会社をたった5ヶ月で退職して、人生迷走しながらも、現在カップルでオーストラリアにて絶賛ワーホリ生活満喫中の女が綴るブログです。

【バナナの町】オーストラリアのタリー町内の遊び場7選

こんにちは。
田舎生まれ田舎育ちの田舎者Yuです。
 
「タリーって田舎すぎて本当に何もすることがない」
オーストラリアのバナナ王国タリーに来るワーホリメーカーが口をそろえて言う言葉です。
 
そこで、このタリーという田舎町でバナナファーム生活を約半年過ごした私が、思いつく限りでタリー町内の遊び場を7つ書き出してみました。
 

早速ご紹介します。

 

1. マウントタイソンで山登り

f:id:yuruttowh:20190706014628j:plain

これはタリーでは定番の行事のようなものです。
また、頂上近くの景色が見渡せるスポットで、裸になって写真を撮るというのも、タリーに来たバックパッカー達の定番のようです。
私には脱ぐことはできませんでしたが、一緒に登った私の彼氏はちゃっかり脱いでました。笑
女の子でも、トップレスでタリーの景色と共に写真を撮る人はいます。(すごい、、、)
 
そんなマウントタイソンですが、正直、けっこう険しくて登るのはしんどいです。
運動不足の私には本当にきつすぎました。
でも、登っている途中で、上の方から下って来ているおばあちゃんくらいの歳の方を見て、ビックリするのと同時に、負けてられない!という気持ちでなんとか登りきることができました。

 

頂上に行くちょっと前には、タリーの景色を一望できるスポットがあり(みんなが裸になるところ)、そこから、タリーのシンボルとも言えるサトウキビ工場から出るモクモクの煙もはっきり見渡せます。
 
タリーに来た思い出として、一度登ってみてはいかがでしょうか。
 
ただ、登るときは必ず誰かと一緒に行くように注意してください。
念のために、周りの人に、この日に登ると知らせておくと、なお良しです。
 
昔、一人で登って遭難して、数日後にヘリで救助された人もいるようです。
こうならないためにも、事前にちゃんと対策しておきましょう。
 

マウントタイソンに登るときの注意点!
  • 一人で登らない
  • マウントタイソンに登ることを周りの人に知らせておく
  • 天気の悪い日には登らない(前日が雨で道が濡れている場合も同様)
  • 水分補給のための飲み物を1リットル以上持参する

 

2. 公共のプール(有料)で水遊び

私は行ったことはありませんが、友達がけっこう行っていました。
肌を焼くために行く人、運動がてら泳ぐ人、友達とたむろする場として利用する人、様々だと思います。
バナナファームで働くバックパッカー達が平日の仕事後や週末の休日に行っているようです。
 

3. タリーリバーでラフティング

世界的にも有名なタリーリバーでのラフティング。
 
私も一度体験しましたが、なかなかのスリルで楽しかったです。
 
大きな急流ポイントを、同じボートに乗っている仲間と協力して乗り越えた後には、パドルを中心でハイタッチのように合わせて、声を出して喜ぶというのもなんかすごく楽しかったです!
f:id:yuruttowh:20190706014911j:plain
同じボートに乗っている仲間と協力してボートをコントロールするので、ファームの仕事仲間やシェアメイトなどと行くと、よりいっそう絆も深まりそうですね。
 
ラフティングのツアーは200ドル以内で送迎とランチ付きです。
タリーにいる方は一度行ってみることをオススメします。

 

4. アリゲーターネストスウィミングホールで川遊び

アリゲーターネスト(日本語訳:ワニの巣)っていう名前を聞いただけで、ワニがいるの?と思いがちですが、ワニはいません

自然のプールのような感じでがっつり水遊びできます。

f:id:yuruttowh:20190706015418j:plain

IGAなどがあるタリーの中心部から車で10分ほどで着くので、仕事後などにも気軽に行くことができます。
真夏の暑い日に、涼を求めて行くのもいいと思います。

 

5. スケートパークでスケートボード遊び

タリーには、ちょっとしたスケートパークがあります。タリーをモチーフとしたペイントがとてもかわいいです。

f:id:yuruttowh:20190706015643j:plain

スケボーを持っている人にとっては、いい遊び場だと思います。

 

6. タイガーリーグスクラブでポーカー

毎週水曜日の19時から、タイガーリーグスクラブというエンターテイメント施設でポーカーができます。
参加無料で、賞金総額は500ドルです。
一攫千金のチャンスですね!
私はこのポーカーはしたことがなく、レストランでご飯を食べるためだけにこの施設に行っていました。笑

f:id:yuruttowh:20190706020112j:plain

 

7. トッパブやラフターズで飲み

タリー内で飲む場所と言えば、この2つくらいです。
トッパブは、曜日ごとにイベント的なものがあり、例えば、木曜日のハッピーアワーに1ジャグのビールが5ドルで飲めます。
また、金曜日は5ドルでステーキバーガーが食べられたり、夕方の時間帯にhead or tailというゲームで、店員さんが投げるコインの裏表を当てると1ジャグのビールが無料で飲めたりします。

f:id:yuruttowh:20190706020325j:plain

他の曜日にも色んなイベントがあります。
 
金曜日の夜10時からは、DJが音楽をかけて、クラブのようになります。
根暗の私にはこの雰囲気がどうも苦手でした。苦笑
 
0時にはトッパブが閉まるので、盛り上がった人たちはそのままラフターズへ流れます。
ラフターズは、バナナバラックスというバックパッカーズホステルの場所にあります。
ここでも音楽が爆音で流れ、みんなワイワイ飲んだり踊ったりという感じです。
バックパッカーホステルの方に入って静かに飲むのもありです。

 

おわりに

いかがだったでしょうか。
意外とタリーにも遊ぶとこはあるなあという印象でしょうか。
それとも、まあ所詮そんなもんかといった感じでしょうか。
 
タリーは田舎すぎてすることがない!と言う前に一度これらの遊び場に足を運んでみてはいかがでしょうか。
 
今回の記事がお役に立てれば幸いです。