ゆるっとワーホリ

新卒で就職した会社をたった5ヶ月で退職して、人生迷走しながらも、現在カップルでオーストラリアにて絶賛ワーホリ生活満喫中の女が綴るブログです。

【※閲覧注意】オーストラリアのスーパーで買える牛タンの食べ方

f:id:yuruttowh:20190701155307j:plain
こんにちは。

今すぐタン塩にレモンをかけて食べたいYuです。

 

オーストラリアでは、スーパーで牛タンを比較的安く購入できることを知っていましたか?

牛タン好きにはたまらないですね。

 

でも、売ってある状態(まるごと一本)からそのまま切って焼いて食べることができず、下処理をしないといけないのがちょっとめんどくさいのも事実。

 

今回の記事では、そんなスーパーで買える牛タンの下処理方法を含めた食べ方について簡単にご紹介します。

 

私も実際に、オーストラリアに来て3回ほど牛タンまるごと一本を購入して、今回ご紹介する方法で下処理をして食べていました。

本当においしかったのでシェアしたいと思います。

 

これを見たら牛タンを探しにスーパーに出かけたくなるはず!

 

■注意

予めお知らせしておきますが、今回の記事で掲載している写真は、ちょっとグロテスクです。

グロテスクという表現が好ましくはないかもしれませんが、単純に、購入した牛タンの写真を掲載しています。

苦手な方がいらっしゃるかも知れないので、一応お断りしておきます。

私も最初は鳥肌ものでした。

実際今もですが。。笑

そんな言うなら牛タン食べるなって感じですよね。笑

人間ってゆうのは本当にわがままな生き物です。

 

牛タンはどこで買える?

ここがちょっと問題なんですが、どのスーパーでも、いつも置いてあるわけではなく、置いてあったらラッキーといった感じです。

 オーストラリアでおなじみのスーパーといえば、ALDIやWoolworths、coles、IGAなどがあります。

私は、タリーのIGAやミッションビーチのWoolworthsで見つけた時に購入していました。

メルボルンのスーパーでは、牛タンが置いてあるのを一度も見たことがないので、場所によっては、売ってない場合もあるようです。

売ってあるときは、このように牛タン一本を丸めた形で置いてあります。

f:id:yuruttowh:20190701152213j:plain
 

牛タンはゲテモノ?

なぜかオージーは牛タンを食べる習慣がなく、あまり需要がないようです。

そのためか、値段も比較的お安めです。

写真に撮った牛タンはちょっとお高めですが、1Kgで7.99ドル(1ドル=80円換算で約640円)と普段買うようなお肉と比べるとお手頃です。

  

牛タンだけでなく、砂ずりやハツなどのお肉も安く、ドッグフードのお肉のすぐ横に置いてあり、人間が食べるものではないといった印象です。笑

どれも美味しいのに。。。

 

実際に、シェアハウスで牛タンをさばいて食べていると、ニュージーランド人のシェアメイトに、「うぇ〜〜」と嫌そうな顔されました。笑

 

でもそんなのは気にしない!おいしいから!食べたいから!笑

 

国によって親しみのあるお肉などが異なるのでこういうことは起きかねないです。

私からしたら、犬やウサギなどを食べる国があるというのに対してちょっと嫌悪感というか違和感を抱いてしまいます。

そういう感じです。

 

牛タンの下処理

※ここからちょっと閲覧注意です。

 

売ってある状態のまま切って焼いて食べることはできないので、少し下処理を行います。

ここで言う下処理とは、外面のお肉を全体的に切り剥がす作業です。

これが正しい下処理方法かは分かりませんが、実際に私がこの方法で下処理をして食べて何の問題もなかったのでご紹介します。

 

手順は以下の通り。

 

①袋から牛タンを取り出して、水で洗う

②水気をキッチンペーパーで拭き取り、ラップで包む

タンの表と裏はこんな感じ。

f:id:yuruttowh:20190701154816j:plain

f:id:yuruttowh:20190701154659j:plain

③外側の皮を切り剥がしやすい硬さになるように冷凍庫で凍らせる(完全にカチコチにならない程度に)

④冷凍庫から出して、外側全体を切り剥がし、食べやすい大きさに切る 

f:id:yuruttowh:20190701155226j:plain

ちょっとめんどくさいですが、牛タンの下処理としてはこんな感じです。

 

気になる牛タンのお味は?

そして、切り終わったら実際に焼いてみます。

焼きあがった牛タンはこちら。 

f:id:yuruttowh:20190701155017j:plain

シェアメイトからもらったお好み焼きの主張が激しくて分かりにくいですが。笑

左側にあるのが牛タンです。

  

とっても美味しそうですよね。美味しいんです。

味付けは、シンプルに塩だけでもおいしいです。

私は、大好きなマキシマムスパイスで味付けしたりもしました。

このマキシマムスパイス、ほんとに優秀なんです。宮崎県が生んだ万能すぎる調味料。なんでも美味しくなります。

日本から詰め替え用をたくさん持ってきました。笑

f:id:yuruttowh:20190701160555j:plain

このマキシマムスパイスを使ったオススメのレシピなどもいつかご紹介したいと思っています。

 

ちょっと話がそれてしまいましたが、、、笑

本当においしい牛タン。

一度に食べてしまわず、また次回にも楽しみを取っておきたいので、残りはジップ付きの袋に入れて冷凍保存。

f:id:yuruttowh:20190701155500j:plain

※お肉の傷み具合を考えたら、下処理をした日に食べてしまうのが好ましいです。

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

オーストラリアのスーパーでお手頃な値段で買える牛タン。

下処理がちょっとめんどくさいかもしれませんが、試してみる価値はあると思います。

 

オーストラリアで牛タンが食べたい!という方はぜひ一度試してみてください。