ゆるっとワーホリ

新卒入社した会社を5ヶ月で退職し、彼氏と2人でリゾバなどを経て始めたオーストラリアワーホリ。彼氏がビザ切れのため帰国した今、ぼっちでワーホリ生活2年目を送っています。

【そんなにきつくない】タリーのバナナファームの1日の仕事のスケジュール

f:id:yuruttowh:20190625160206j:plain


こんにちは。

バナナの仕事は嫌いになってもバナナを食べることは相変わらず大好きなYuです。

 

前回の記事では、タリーのバナナファームの仕事内容についてご紹介しました。

 

www.yuru-tto.com

 

今回は、タリーのバナナファームの1日の仕事のスケジュールについてご紹介したいと思います。

 

ファームによって多少変わってくるかもしれませんが、私が働いていたタリーで大手のマッカイグループのファームは基本的に同じスケジュールです。

マッカイのファームを例にご紹介します。

 

バナナファームのタイムスケジュール 

[月〜木]

月曜日〜木曜日は、基本的に2時間で1セッションとして、それが1日に4セッションあります。

7:00-9:00 1セッション目
9:00-9:15 1回目のスモコ
9:15-11:15 2セッション目
11:15-11:45 ランチタイム
11:45-13:45 3セッション目
13:45-14:00 2回目のスモコ
14:00-16:00 4セッション目

といった感じです。

だいたいセッション毎に仕事の担当のポジションが変わります。

 

スモコとは?

f:id:yuruttowh:20190626094802j:plain

スモコ(smoco)とは、休憩を意味する言葉です。smoke & coffeeの略語です。

 2時間のセッション後に15分のスモコタイムがあります。

タバコを吸う人もいれば、おやつを食べながら談笑したり、お手洗いに行ったり、それぞれ自由に過ごす時間です。

 

スマホは電波が届かない?

f:id:yuruttowh:20190626094809j:plain

休憩時間にスマホを触ることもあると思いますが、ファームの場所やスマホのキャリアによっては、電波が入らず、スマホを使えないという事態になります。

基本的にボーダフォンは繋がりにくいイメージです。もちろん繋がる場所もあります。

オプタスやテルストラは繋がりやすいイメージですが、ファームの場所によっては、繋がらないこともあるので、一概には言えません。

オーストラリアでSIMカードを買う際は、そういうことも考慮して買うといいかもしれません。

 

 [金〜土]

金曜日や土曜日は例外で、1日3セッションで、1セッションあたりの時間も違ってきます。

7:00-9:30 1セッション目
9:30-9:45 スモコ
9:45-12:30 2セッション目
12:30-13:00 ランチタイム
13:00-終わるまで 3セッション目

日によって数分ずれてくることもありますが、だいたいこんな感じです。

 

また、バナナの収穫状況などによって、仕事の終業時間も変わってきます。

 

週末のスケジュールはちょっときつい?

私はこの金曜日と土曜日のスケジュールが大嫌いでした。笑

とにかく1セッションが長い

2セッション目なんて2時間45分もバナナと格闘しなければならないのです。

その2セッション目に自分の嫌なポジションに当てられたらもう最悪です。

 

金曜日はバーベキュー!

f:id:yuruttowh:20190626095955j:plain

画像はイメージです


でも、週末はきついことだけではありません。ちゃんと楽しみもあります!

なんと、毎週金曜日にはバーベキューがあります。(日本のバーベキューとはちょっと違う)

 

タダでお肉やパンなどを振舞ってもらえるので、金曜日はお弁当を持って行かなくてもいいのです。

それを楽しみにその辛い時間も乗り切っていました。

 

2セッションで仕事が終わる場合は、1セッション目の後の休憩で、

2セッション以上仕事がある場合は、2セッション目の後の休憩でバーベキューがあります。

 

バナナと格闘してるときに、バーベキューのいい匂いがしてくると、いつも「お腹すいた〜早く食べた〜い」となってました。(食いしん坊か)

 

残業なし!鐘とともにピタッと終業!

マッカイのバナナファームでは、始業時と終業時に、ジリリリリリリイィィーと鐘の音がなります。

 

日本人であれば、最後はキリのいいところまでやろうとして、終業の合図が鳴っても時間通りに終わらなかったりしがちですが、オーストラリアのファームでは、こんな考えはありません。

 

鐘が鳴ったら終了!帰宅!

 

もはや、最後のセッションが終わって、タラタラしていたら帰りのバスに置いていかれます。

終業の鐘が鳴った瞬間にみんな仕事の手を止めてダッシュするのです。

最初この光景を見たときは驚きました。笑

 

終業の鐘が鳴ってものの5分で送迎バスは出発してしまいます。

初出勤の人は、みんなそれを知らずに置いていかれそうになります。笑

もし、このようなファームで働く場合は気をつけてください。

 

おわりに

今回は、タリーのバナナファームの1日の仕事のスケジュールについてご紹介しました。

ファームジョブと聞くと、どうしてもきついイメージがありますが、ご紹介したようにきちんと休憩の時間も割り当てられていますので、無理なく仕事ができます。

 

朝早くから仕事を開始して、夕方には終わるので、夜は自分の時間をたっぷり確保できるのもバナナファームジョブの魅力です。

 

タリーでバナナファームジョブを始めたばかりの方、これから始めようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。