ゆるっとワーホリ

新卒で就職した会社をたった5ヶ月で退職して、人生迷走しながらも、現在カップルでオーストラリアにて絶賛ワーホリ生活満喫中の女が綴るブログです。

【女の子は屋内で日焼けしない】 タリーのバナナファームの仕事内容

f:id:yuruttowh:20190625152943j:plain


こんにちは。

オーストラリアの紫外線が大敵のYuです。

 

今回は、タリーのバナナファームの仕事内容についてご紹介します。

 

バナナファーム内の主な仕事の流れ

バナナの収穫から出荷準備までの主な仕事の流れは次の通りです。

①Humping (ハンピング)

木から切り落としたバナナのバンチを担いでトレーラーまで運ぶ

 

②Hanging (ハンギング)

シェッド内に運ばれて来たトレーラーに乗ったバナナのバンチをチェーンでつなぎ、機械に吊るす

 

③Dehanding (ディハンディング)

バンチからバナナの房ごとに切り落としてプールに入れる

 

④Cutting (カッティング)

プールに入れられた大きめのバナナの房を4〜8本の房になるように切り分ける

 

⑤Sorting (ソーティング)

カットされたバナナの房から汚いバナナや双子のバナナなどをもぎ取って、綺麗なバナナをレーンに並べる

 

⑥Packing (パッキング)

レーンで流れてきたバナナを大きさごとに分けて箱詰めする 

 

⑦Stacking (スタッキング)

パッキングされた箱をパレットに積み上げる

 

 男女の仕事内容

基本的に男の子が①ハンピングから④ディハンディングまでの流れと、最後のスタッキングを担当します。

 

それ以外の⑤カッティングから⑦パッキングまでの流れが女の子の担当です。

 

ハンピングだけ外での仕事で、それ以外はシェッドと呼ばれる屋内での作業になるので、日焼けしたくない!という女の子は安心です。

 

例外として女性が外の仕事をすることもある

ただ、ファームによっては、女の子でもたまにStringing (ストリンギング)と呼ばれる外での仕事に借り出されることがあります。

もしもの場合に備えて、日焼け止めと帽子を常備しておくと安心です。

 

ちなみに、ストリンギングとは、バナナの重さで倒れそうになる木をひもで引っ張って近くの木にくくりつける作業です。

私も何度か体験しました。(意外と楽しかったりする。途中で飽きるけど。笑)

 

他にも例外で、Irrigation (イリゲーション)と言われる作業で、女の子でも外に出ることがあります。

 

イリゲーションとは、バナナ畑に張り巡らされているスプリンクラーをチェックして回り、欠陥があれば新しいものに交換したり、その場で修繕したりする作業です。

 

これも私は体験しました。

ですが、めったにないことだと思います。

なぜか私は色んなポジションで働かせてもらったので、貴重な経験ができて嬉しかったです。(都合のいいように使われてただけ?笑)

もし、イリゲーションに選ばれた際は、顔面含め全身に泥水がかかるので注意です。笑

 また、Bagging (バギング)といって、木になっているバナナに袋を被せるポジションがあり、それを女の子が担当することもあるという話を聞いたことがありますが、私自身実際に見たことはありません。

 

おわりに

これからタリーのバナナファームで働こうと考えている方は、これらの仕事内容をある程度把握しておくと、仕事の覚えも少しはスムーズになると思います。

聞き慣れない言葉がたくさんあるので、最初は大変ですが、少しずつ覚えていけば大丈夫です。

今回の記事が参考になれば幸いです。